老け顔に見えないメイクは?若く見られたくて髪型と服装も工夫

私は現在40代ですが、年齢よりも若く見られるようになりました。それには、かなりの努力や工夫をしています。

私がなぜ?そこまで若い顔に見られるために努力をしているか…。

小学生の頃から大人っぽい顔つきだね〜と言われていて、その延長で20代の頃には30代と見られていましたし、30代の頃には40代と言われていました。

このままいくと大変まずとい思ったので、メイクや髪型や服装などを工夫して老け顔に見られないようにしています。

そこで、私が老け顔に見られないためにしている工夫をまとめてみます。

【老け顔に見えないメイク】ツヤが大事!ファンデにもひと工夫

老け顔の人は肌に潤いやツヤがないと感じます。実際、老け顔に見られていた時は私の肌も乾燥していて、ツヤなど一切ありませんでした。

なので、メイクをする前には必ずパックをして、化粧水をたっぷり肌に入れた後にファンデーションをつけています。

老け顔の人はパウダーファンデーションよりもクリームファンデーションの方がツヤ肌になれます。

クリームファンデーションにはオイルを数滴混ぜ込んで使っています。化粧品であればどんなオイルでも大丈夫です。

ファンデーションにオイルを混ぜることで、伸びも良くなりますし、肌に乗せて時間が経つごとに肌がキレイに見えます。化粧崩れもありません。

老け顔に見えないように、特に夕方以降の肌に気を使う事を心がけています。

【若く見られる髪型】髪の長さ、白髪にも注意!

次に髪型ですが、老け顔の人はあまり長い髪型にすると、どうしても年齢が上にに見られてしまいます。

若く見られる顔の人はたいてい、丸顔の童顔タイプです。長い髪にするとどうしても面長に見られたり、老け顔に見られるので、髪型はボブスタイルかショートにしています。

また、老け顔に見られてしまう人は白髪にも充分気をつけないといけないですよね。

短い髪の毛の方がお手入れをしやすいと感じています。

【若く見える服装】明るい色選びを心がけて

最後はファッションです。老け顔の人は暗いカラーを着ると、より顔が老けて見えてしまうのです。

以前、顔のカラーテストをしてもらった時にアドバイスしてもらいました。

年齢より年上に思われる顔立ちの人は、ブルーやグリーン、パープルやレッド、ピンク、イエロー系といった、はっきりしたカラーを選ぶと良い。断然顔が明るく見えて、年齢も若く見えるとのこと。

それから、着る洋服のカラーにもかなり気をつけています。

さいごに

老け顔に見えないようにメイクなどで対策することに加えて、毎日生き生きと生活をして、若く見られるためには歩き方と姿勢にも気を配っています。

姿勢が良いと顔のシワもできにくいといわれるので、なるべく背筋を伸ばして、シワを作らないようにしています。

私はこんな努力や工夫をして老け顔と言われなくなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする