老け顔?童顔?…実年齢より上か下にしか見られない年齢不詳な顔

よく、いつも実年齢より若く見られる人、或いはいつも実年齢より上に見られる人は結構いると思います。だいたいはどちらかなのですよね。

私の場合、真の年齢不詳なのかもしれません。

知り合い以外の初対面の人、例えば美容師さんやマッサージ師、フライトアテンダントなどの場合、私は大抵実年齢より大幅に上か大幅に下にしか見られません。

顔立ちそのものは特に特徴はないと思います。決して丸顔の童顔でもなく、どちらかというと大円形の顔で、目も二重ながらも特別大きいわけではありません。

化粧はファンデーションとリップだけで決して派手ではありません。年齢や世代が表れるようなメイクではないので余計年齢不詳に見えるのかもしれませんね。

スーツを着ていると年齢は上に見えるみたいです

周りの環境や持ち物、状況などで年取ったり若返ったりするので、毎回私自身が驚くばかりです。ちなみに25歳になったばかりの私は今は会社員で、よくスーツを着ています。

一度ショックだったのが、21歳でまだ大学生だった頃。就活のためにスーツを着て、その帰りに親戚の子どものために頼まれた粉ミルクを買って帰るところ、美容院で前髪を切ってから親戚の家に向かうことにしました。

荷物を置いたのですがその荷物を見て、「お子さん今何ヶ月ですか?」と美容師さんに当たり前のように聞かれたのではっきり言って気分は良くありませんでした。

結婚もしていないし彼氏もいない私に向かって言うような言葉ではないと感じたからです。

粉ミルクは頼まれて買っただけで自分は独身だと話した結果、粉ミルクは自分の子どものためだと思ったと美容師さんは言って謝ってきました。

ラフな格好だと大幅に年下に見られます

しかしながらジーンズとパーカー姿でドラッグストアにニキビ用の薬を見に行った去年の秋のこと。

大人ニキビの薬を見ていたらそこにいた薬剤師さんが「それは大人ニキビ用で、子どもの思春期ニキビ用はこちらです」と言ってきて冷や汗をかいたことがありました。

そしてその薬剤師さんは「うちの中3の娘もニキビができるのですがこれがお勧めですよ」とたまたま一緒にいた母に言うのです。

母はわりと若く見えることが多く、私と一緒にいると10代の娘と母親に見えることが多いようです。

童顔でも老け顔でもない私が年齢不詳に見える理由

どうも経験によると、私のように童顔でも特別老け顔でもない場合は顔そのものよりも状況や持ち物、周りにいる人などで見られ方が変わるということが分かりました。

人って思い込みが激しいので「本体」よりもそれを囲う要素を見て人を判断することが少なくないのかもしれません。

ちなみに運動の習慣はありますが特に美容に気を遣っているわけではなく、ファッションには無頓着な方です。世代感が出ないファッションが多いので良くも悪くも年齢不詳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする