若い時に老け顔のほうが年をとった時に得ですよね

私は現在40代半ばで、若い頃はそれはそれは若く見られていました。20代前半なのに高校生に見られた時は、悪い気はしなかったものです。

ところが20代の後半に差し掛かると、一気に老け顔の仲間入りをしてしまったのです。

その時仲良くしていた友人が2歳上だったせいもありますが、周りからはその友人と同い年だと信じて疑われていなかったようでした。

「若見え」が逆転!?年上に見られて落ち込む・・

私が30超えてるの前提で、「○○ちゃんなら、まだ20代で通用するんじゃないの?」と、お世辞をいったであろうおばちゃんの言葉に「まだ27歳です!!」と、思わず反論してしまいました。

早生まれの私と遅生まれの友人は学年では2つ違いですが、誕生日は友人のほうが先に来るため、その時友人は既に30歳でした。

相手のおばちゃんがお世辞を言わなきゃいけないほど私は老けているのかと落ち込んだものですが、鏡で顔の小じわを見て、「あー、こりゃ無理もない」と思ってしまいました。

20代前半では小じわなんて見る影もなかったのに、25過ぎたあたりから少しずつ増えてきたのです。

もちろんそれなりにお肌の手入れはしていたのですが、持病で体重が減少すると頬がコケてきて余計老け顔に見えるようになってしまい困りました。

老け顔+白髪で見た目はすっかり「おばあちゃん」!?

1年ほど前の話になりますが、病院で名前を呼ばれた時に「生年月日間違ってないですか?」と聞かれた時はさすがに「そこまで老けて見えるのか!?」と衝撃を受けました。

というのも、現在は髪を染めずに過ごしているため見た目はすっかりおばあちゃんなのです。

老け顔+白髪じゃもう、40代でも誰が見てもおばあちゃんにしか見えませんよね。

以前髪を染めた時にアレルギー反応なのか、全身に発疹ができたことがあり、それ以来染めるのが怖くなって今に至ります。

このままじゃいけないなとは思うのですが、今では外出時は帽子をかぶってなんとか誤魔化しています。

「老け顔」が逆転!?実年齢より若く見えて羨ましい

私の弟は逆に若い頃は老け顔で、新卒で入社してすぐの頃「まだ若そうだね。30そこそこでしょ?」と職場の先輩に言われたそうです。

さすがにそれは可哀想ですが、今は弟も40代ですが見た目は30代半ばくらいにしか見えず羨ましいです。

若い頃に散々老け顔で損をしていた分、実際に年令を重ねてから年よりも若く見えるようになるならそれはそれで良いのかもしれません。

昔は一緒にいると必ず弟を「お兄さんですか?」と聞かれていたのですが、最近はそんな間違いを一切されなくなりました。

やはり見た目が完全に私が上なので、相手も夫婦か姉弟のどちらかだと思ってしまうようです。

自分が老け顔なのはもう諦めていますが、中身だけはまだまだ若いので、見た目がおばあちゃんでも、趣味や好みはまだまだ若いですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする